toggle
出張牡蠣小屋【牡蠣奉行】/復興支援事業として東北石巻の牡蠣を中心に全国で牡蠣小屋を展開しています。
2016-12-18

運営側 佐藤が牡蠣小屋に関わる理由!【出張牡蠣小屋】牡蠣奉行inイオンモール川口


こんにちは。

牡蠣小屋実行委員会 運営側の佐藤です。
調子に乗って、連投投稿です。
すみません、調子に乗っています^^;

さて、本日はワタクシ事なので
面倒くさい人は、読まないでください。

運営側、佐藤が牡蠣小屋に関わる理由です。
特に、特別なことがあるわけではないのですが

あの東日本大震災の時
海が街を吞み込むさまを見て
恐怖を覚えました。

その後、少しつづ復興してきて
港が整備されたり、漁業が再開されました。

多くの人との話の中で

「またいつか、津波が来るかもしれないのに
もう、その場所では暮らせないでしょ。」

と話の中に出てまいりまた。

しかしですね。

海で生計を立ててる人
畑や田んぼで生きている人は
そこから離れて暮らせないわけです。

漁業や農業の方たちは
海のそばで暮らしているわけなんです。

農業の方たちは
先祖代々、その田畑を守ってきたわけです。

そうやって、動かせないその地で
生きてきた人に、ほかの地で暮らせというのは
とても、辛いことだと思ったんです。

そこでの風評被害。

なんだか、人のことなのに
悔しいというか、このわけのわからない
感情が湧き出てきたことがありました。

この、復興支援も含めた
出張牡蠣小屋の話を聞いた時
何のためらいもなく、関わろうと思い
運営側ですが、携わることになりました。

同じ運営チームの仲間が視察へ
行ったときの感想で

海の色が透明ですごくきれいだった

と、言っていました。

この海の色は、震災できた津波がが原因
なんだそうです。

津波が来て深く掘られて
海が深くなってきれいになったのだと。

私には、衝撃的なことでした。

それでも

牡蠣を作っている人はみなさんは
元気です。

彼らが望んでいることは
牡蠣がおいしかったよ

ってことだと思います。

牡蠣小屋では、みんなでワイワイ
美味しく食べてください。

それが、牡蠣の生産業者さんや
牡蠣小屋実行員会の想いです。

そして、ここで
サプライズ告知!!!

12月20日火曜日  イオンの日に
出張牡蠣小屋  牡蠣奉行で

あなたが喜ぶサプライズイベントを
用意しました!!

内容は、まだヒミツ!!

お友達と家族、お誘いあわせの上
ご来場くださいませ。

お待ちいています。

現場名 イオンモール川口
開催期間 2016年10月28日~2017年1月29日
営業時間 12時00分~21時00分
住所 〒333-0834 埼玉県川口市安行領根岸3180
イオンモール川口 特設会場
連絡先 TEL.080‐7807‐9058
mail.kkgyk2016@gmail.com

最新情報はフェイスブックで今すぐチェック

他店の最新情報もこちらから今すぐチェック

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホーム | 運営会社 | FC加盟店募集 | お問い合わせ